外壁の劣化サインと塗替え時期

皆様初めまして

現場監督をおこなっております、ヒデと申します。

『外壁に汚れやコケが目立つ』、『色が薄れてきた』、『外壁を触ったら白い粉が付いた』そういった外壁の変化にお気づきになられた事はありませんか?

外壁は日光よる紫外線や雨による水分やアルカリ、酸によるダメージを受け続けており、徐々に劣化が進行してしまいます。

そのまま放ってしまうと、塗膜の剥がれやひび割れ、室内への雨漏れ等のトラブルが起きる原因に直結してしまいます。そうなれば多額の修理費がかかってしまう可能性があります。

そのような最悪な事態になる前に、早めのメンテナンスを行う必要があります。

今日は外壁の劣化のサインと塗替え時期についてご説明いたします。

【変色・退色】

当初は色合いが鮮やかで艶のある外壁も年月が経つにつれ、色がくすんだり、艶がなくなったりしてしまいます。

この様な症状は、塗料に含まれる樹脂が劣化してしまうことが原因で起きてしまいます。

外壁の黒ずみや変色・退色が起き始めると、その後は防水効果もなくなってしまいます。

これは塗替えサインの初期症状です。

【カビ・コケ】

外壁の表面現れる黒ずみはただの汚れに思われがちですが、実はカビやコケの可能性があります。

塗料に含まれる抗菌・防カビ等の効果が弱まったときにカビやコケが発生してしまいますので、劣化のサインとしては分かりやすいと思います。

これらのカビやコケを放置してしまうと外観を損ねてしまうだけではなく、塗膜や下地の劣化を促進させてしまうため、早めのメンテナンスをお勧めします。

【塗膜の剥がれ・浮き】

外壁は日光よる紫外線や雨による水分やアルカリ、酸によるダメージを受け続けているため、それらのことが原因となり、塗膜と下地の密着力が低下し、剥がれ・浮きが発生してしまいます。

塗膜の浮きや剥がれた状態を放置してしまうと下地が剥き出しになり、壁の浸食が進行し、建物内部まで被害が及ぶ場合があります。

塗膜が剥がれ始めたら、補修や塗替え工事を早めに行うことをお勧めします。

【ヘアクラック】

ヘアクラックとは、壁に生じる微細なひび割れの事を指します。

壁の下地が傷み始めているときに生じる現象といえますので初期段階での劣化サインであるといえます。

【シーリング(コーキング)の劣化】

シーリング材は年月が経つにつれ、硬くなってしまい、ヒビや亀裂が生じてしまいます。

この劣化部分から雨水が流れ込み、壁内部に浸食し建物自体の劣化を促進させてしまいます。

また、部位によっては室内への雨漏れに直結してしまいますので、劣化したシーリング材は早急に撤去・打ち替えを行わなければなりません。

【チョーキング現象(白化現象)】

チョーキング現象とは、冒頭でお伝えした【変色・退色】の劣化が更に進行した状態のことをいいます。

壁を触ったときに手に白い粉が付着してしまいます。

塗膜がここまで劣化してしまうと防水効果は全くありません。

雨水が壁内部に浸透してしまい、ヒビ割れやボードの反りといった問題を引き起こしてしまいますので、早急に塗替えを行う必要があります。

【鉄部のサビ】

板金屋根などの鉄部に生じるサビは、塗膜の劣化や剥がれにより下地を防護する機能が失われた際に進行してしまいます。

また、サビの進行を放置してしまうと、鉄板が薄くなったり、穴があいたりと劣化が深刻化してしまいます。

劣化のサインは部位や段階によって違い、補修方法も異なります。

早めの補修や塗替えを行うことによって費用も最小限に抑えることができますので、外壁の劣化のサインを初期段階で発見し、早急な対応やメンテナンスをしていくことが大切です。

お家の事で何かご不明な点や心配な点などございましたら、是非ご相談ください!!

#福岡 #リフォーム #塗替え #塗装 #劣化 #外壁

​カテゴリー検索

最新記事
アーカイブ